インディゴチルドレンって何者?

インディゴチルドレンとはスターシードの中でも1970年代後半から1990年以前までに生まれた人たちのことを指す言葉です。

地球全体の波動を上昇させ、アセンションさせるという使命を持っていますが、転生した年代によって呼び名とその役割は異なっています。地球全体をアセンションさせるという大仕事を成し遂げるには、物事を順を追って進めていかなければならないからです。

そのために、最初に地球へと訪れたのがインディゴチルドレンだと言われています。

藍色(インディゴカラー)のオーラを持つ彼らは、地球に根付いた古い考え方や文化、慣習の中で不要になったものや時代にそぐわなくなってしまったものを変化させるという役割を持っています。インディゴチルドレンの後に転生してくるスターシードたちがスムーズに活動できるように環境を整えるのがインディゴチルドレンの使命なのです。

また、その使命を果たすために高い独立心を持っているので、人によっては反抗的と捉えられることもあるようです。

インディゴチルドレン以外のスターシード

クリスタルチルドレン

クリスタルチルドレンはインディゴチルドレンの次に転生してきたと言われているスターシードで、1990年~2000年前後に生まれた子どもたちの中に多く存在しています。インディゴチルドレンが変化をもたらすスターシードなら、クリスタルチルドレンは変化を迎えた世の中に愛と調和をもたらすスターシードです。

スターシードの中でも特に穏やかな性格をしていて、高い感受性と共感力が特徴です。

レインボーチルドレン

インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンと続いてきたスターシードの最後の世代がレインボーチルドレンです。彼らはインディゴチルドレンかクリスタルチルドレンの親から生まれてくることが多く、3つのスターシードの中で唯一過去世を持たずに生まれてくるスターシードでもあります。

彼らは過去世を持っていないため、その魂はすでに学びを終えた悟りの状態にあります。覚醒を終えた魂の持ち主であるレインボーチルドレンは、前の世代が行ってきた地球のアセンションを完了させ、人類を次なるステップへと導くために生まれてきたのです。

インディゴチルドレンがクリスタルチルドレンへと変化することもある

スターシードは生まれた世代によってインディゴ、クリスタル、レインボーと異なる呼び名を持ち、世代が進む毎に魂の波動が高くなっていくという特徴があります。インディゴよりもクリスタル、クリスタルよりもレインボーというように、世代が進むほど高次の魂を持っているのです。

各世代の特徴は生まれついてのもので、成長や努力で変えられるものではありません。しかし、極稀にインディゴチルドレンとして生まれながらも、学びの過程でクリスタルチルドレンやレインボーチルドレンへと変化するスターシードもいます。

スターシードが次の世代へと進歩するには、本来なら再び転生を経験しなければいけないのですが、優れた資質を持ったスターシードなら転生を経ずともクリスタルチルドレンやレインボーチルドレンへと進化していくことができるのです。