子どもの頃のインディゴチルドレン

トップページ > インディゴチルドレンの特徴 > 子どもの頃のインディゴチルドレン

インディゴチルドレンは子供の頃から特徴的?

インディゴチルドレンはスターシードの分類の一つで、地球へと転生してきた異星人だと言われています。そのため、幼少期から周りの子供達とは一味違った雰囲気を漂わせていることもあるようです。

幼少期におけるインディゴチルドレンの特徴

1975年~1990年代に生まれた

スターシードは特定の時期に集中して転生してきます。インディゴチルドレンの場合は1975年~1999年までですが、特に1985年に生まれた子供たちはインディゴチルドレンである確率が高いようです。

興味のある物事にはとことん夢中になる

インディゴチルドレンの特徴として『高い集中力を持っている』というのがありますが、幼少期の頃から自分の好きな物事であれば熱中する傾向にあります。

得意科目と苦手科目の差が激しい

好きな事であれば素晴らしい集中力を発揮するインディゴチルドレンですが、苦手な事や興味のない物へは見向きもしないので、学校の成績は極端になることが多いようです。

年齢より大人びて見える

スターシードは人間よりも高い波動の魂を持っています。これはつまり人間より進歩した精神性を持っているということ。そのため、インディゴチルドレンの子供は実年齢よりも大人びて見られるのです。

ADDやADHDなどの発達障害だと誤解されることがある

異星人の魂を持つインディゴチルドレンは人間とは異なる価値観や思考回路を持っています。なので、幼少期には周りの子供との違いからADDやADHDなどの発達障害だと誤解されてしまうこともあります。