インディゴチルドレンが生きづらい理由

トップページ > インディゴチルドレンの特徴 > インディゴチルドレンが生きづらい理由

インディゴチルドレンは本来、適応力に優れている?

最初に転生してくるスターシードであるインディゴチルドレンは社会に変化をもたらすことを使命としています。その使命を果たすために、優れた適応力を持っているはずなのですが、なぜだか地球で活動しているインディゴチルドレンの多くが生きづらさを感じています。

では、どうして優れた適応力を持っているはずのインディゴチルドレンが「生きにくい」と感じているのでしょうか。

生きづらさを感じるのは使命を果たそうとしているから?

インディゴチルドレンが生きづらさを感じる最大の理由はその使命にあると言われています。スターシードの中でも社会を変化させることを使命としているインディゴチルドレンは他のスターシードよりも先に地球へと転生してきました。そして、その使命をより確実に果たすために、インディゴチルドレンは自分にとって過酷な環境=波動の低い環境を無意識に選んでしまっているのです。

スターシードたちは地球人とはルーツの異なる魂を持っているので、地球独特の文化や価値観に戸惑いを覚えることはよくあるのですが、自分の使命に真剣に向き合っているインディゴチルドレンほど「生きにくい」と感じてしまう傾向にあるようです。