大人になったインディゴチルドレン

トップページ > インディゴチルドレンの特徴 > 大人になったインディゴチルドレン

インディゴチルドレンが大人になったらどうなるの?

幼少期から周囲の子供達とは明らかに違うオーラを放っているインディゴチルドレンですが、それは大人になってからも変わりません。では、成人したインディゴチルドレンはどのような特徴を持っているのでしょうか。

大人のインディゴチルドレンが持つ特徴

自分を罰するように厳しい道を選択する

楽な方へと逃げようとするのは人間の本能ですが、インディゴチルドレンはそれとは真逆で、常に自分に試練を与えるような厳しい道を選択します。

自分を下らない人間だと捉えてしまい、満たされない気持ちを抱えている

これはまだ使命に目覚めていないインディゴチルドレンによくある状態で、理想と現実のギャップから自分を責めてしまうのです。

何かをやらなきゃいけない焦燥感がいつもある

使命に目覚めていないインディゴチルドレンは自分の中にある使命感と何も行動できていない現実から焦燥感を感じることが多いといいます。

共感力が高く、他人の心の機微に敏感

スターシードであるインディゴチルドレンも高い共感力を持ち合わせていて、言葉を交わさずとも相手の考えていることを知ることができるのです。