インディゴチルドレンの精神

トップページ > インディゴチルドレンの特徴 > インディゴチルドレンの精神

インディゴチルドレンは独自の精神世界を持っている

インディゴチルドレンは身体こそ人間ですが、れっきとしたスターシードの一員です。なので、普通の人間とは考えていること、精神が少し違います。例えば、人間は『今が楽ならそれでいい』という刹那主義の人が多いですが、スターシードであるインディゴチルドレンは崇高な使命を達成するために生きているのです。では、彼らの精神的な特徴とはいったいどんなものなのでしょうか。

インディゴチルドレンの精神的な特徴

純粋で人をすぐに信用してしまう

インディゴチルドレンたちスターシードは人間より高い波動の魂を持っているので、人を騙す、疑うという概念が元々ありません。なので、自分以外の人のことも簡単に信じてしまうのです。

人間関係は広く浅くより狭く深く

インディゴチルドレンは精神での繋がりをなにより重視します。上辺だけの付き合いはするだけ時間の無駄という考えを持っているので、人間関係も自然と狭く深いものを好むのです。

ボディタッチは苦手

インディゴチルドレンは人間よりも精神が発達しているので、肉体を用いたコミュニケーションに不慣れな一面があります。また、パーソナルスペースが通常よりも広い場合も多いので、ボディタッチなど身体に触れられるのは苦手なようです。

自分が何者で何のために生きているのかよく考える

インディゴチルドレンがまだ自分の使命に目覚めていなくても、魂は無意識の内に使命を果たそうとします。そのため、自分の存在意義を考えたりといった内省行為が増えてしまうのです。