インディゴチルドレンが経験する恋愛

トップページ > インディゴチルドレンとアセンション > インディゴチルドレンが経験する恋愛

インディゴチルドレンの過去の恋は悲恋ばっかり?

恋に落ちにくいとされるインディゴチルドレンですが、スターシードとしての自意識がしっかりとする前、思春期から20代の年齢の頃は普通の女性と同じように恋をすることもあるようです。

しかし、インディゴチルドレンが経験した恋は不思議なほど悲恋ばかり。二股をするような男性、ギャンブルにハマってしまう男性…インディゴチルドレンの女性はどうしてこうも男運がないのでしょうか?

インディゴチルドレンの恋は学びのためにある

「恋をして大人になる」という言葉もあるように、恋愛には異性との接し方や人を愛する方法を学ぶという側面もあります。これはインディゴチルドレンも例外ではないのですが、彼女たちの場合は学ぶべきものが少し異なります。

まだ若いインディゴチルドレンは当然ながらスターシードとしての使命にも目覚めていませんし、人間社会についても知らないことばかり…言い換えれば人生経験がまだ少ないのです。そんな彼女たちが恋愛を通して学んでいくことは、人の醜い部分や恋愛の恐ろしい一面といった負の現実です。

インディゴチルドレンとして人類のアセンションをサポートするには、人の良い部分だけでなく悪い部分も知っていなくてはなりません。恋愛を通して人の負の部分を知ることで、インディゴチルドレンとしてより霊性の高い魂となることができるのです。