インディゴチルドレンの結婚

トップページ > インディゴチルドレンの結婚

インディゴチルドレンと結婚

インディゴチルドレンの恋愛のページでも説明したように、インディゴチルドレンは恋愛感情よりも使命を優先するので恋愛にはあまり興味がなく、日本にいるインディゴチルドレンの中で結婚するのは僅か2000~3000人しかいないと言われています。

3000人と聞くと意外と多いように感じますが、日本にいる人口は10万人以上。その中で3000人しかいないとなると、結婚する確率はたった3%ほどしかないのです。

幸か不幸か、インディゴチルドレンで結婚に興味を持つ人はほとんどいませんが、もしもあなたがいつかはしたいと考えているなら、その望みを叶えるのは相当狭き門になることを覚悟しておかなければならないでしょう。

しかし、結婚を選択する数がここまで極端に少ないのはどうしてなのでしょうか?いくらインディゴチルドレンが色恋沙汰に興味が薄いと言っても、確率が3%というのはあまりにも低すぎます。きっと彼らの結婚を阻んでいる原因が他にもあるはずです。

なぜインディゴチルドレンは結婚しないのか?

子供の頃のインディゴチルドレンで解説しているように、最大の特徴として『周囲との価値観の相違』が上げられます。その独特の価値観、思考が原因で周囲からの理解を得られず、ADDやADHDと診断される方もいるぐらいです。

実はこの特有の価値観と、日本の結婚という制度の相性が致命的に悪いのです。過去の日本における婚姻制度は、枕草子や源氏物語にも記されているように夫と妻が同居せず会いたいときだけ会いに行く『通い婚』が一般的でした。さらに夫婦別姓、一夫多妻制と夫婦の形は今に比べてかなり自由な形態です。

それに対し、現代日本の婚姻制度は夫婦が長い間を共に過ごすことを想定しています。一度結ばれたら死別するまで一緒に暮らすことを前提に考えられているので、安定的ではありますが、不便な面もあり非合理的だと言えるでしょう。

彼らは時代遅れになった価値観を嫌う傾向にあるので、現代の婚姻制度のような非合理的で束縛的な夫婦の形に魅力を感じないのではないでしょうか。

インディゴチルドレンが結婚するならいつ?

インディゴチルドレンはその価値観と課せられた使命が原因で、婚姻に興味のない人が多い傾向にあります。しかし、中にはそうではない人がいるのも事実。では、彼らはいつ頃結ばれたのでしょうか?

インディゴチルドレンが結婚した年齢

■25歳未満…4%

■25歳~34歳…13%

■35歳~44歳…28%

■45歳~54歳…44%

■55歳以上…11%

このデータは既婚者のインディゴチルドレンが何歳頃に結婚したのかを表したものです。この数字から結婚のタイミングは、35歳~54歳の期間に集中していることが分かります。

このような偏りが生まれるのは、インディゴチルドレンの使命に一区切りつくタイミングと、インディゴチルドレンと相手が精神的に十分成熟する年齢が重なっているからではないでしょうか。