インディゴチルドレンの使命

トップページ > インディゴチルドレンの使命

インディゴチルドレンはなぜ地球にやってくるのか?

『光の戦士』とも呼ばれるインディゴチルドレンは、周りの人の心を察知する優れたエンパシー能力と、間違ったことに真っ向から立ち向かえる勇気を持っており、スターシードの中でも特に優れた世代として知られています。

しかし、恵まれた能力を持つ反面、地球での生活に適応できず生きづらさを感じている人もたくさんいると言われています。このように感じるこの生きづらさの原因は無意識の内に感じている違和感です。

インディゴチルドレンは自分と周囲の人と自分の価値観の違いから来る困惑、自分の能力を活用できていないという不満…こういった経験が積み重なって「もっと自分に合った環境があるんじゃないか?それとも自分が変なのか?」という感情としてインディゴチルドレンを悩ませます。しかし、それはある意味では当然と言えるでしょう。

なぜなら、インディゴチルドレンは周りにいる”普通の人たち”とは違って特別な使命を持っているのですから。

インディゴチルドレンの使命は人類を変えること

インディゴチルドレンが自分に適さない環境である地球へと転生してきたのは、そうまでしても果たさなければならない崇高な使命があるからです。その使命とは『人類の意識を変えること』

インディゴチルドレンが属しているスターシードは地球の波動を上昇させ、人類を次なる段階へと導くという役割を背負っています。インディゴチルドレンももちろん、その役割を果たすことを使命としているのですが、インディゴチルドレンの全てがこの使命を自覚できているわけではありません。中には自分がそうであることにすら気づいていない人もいるでしょう。

しかし、自分がインディゴチルドレンであることやその使命を自覚していなくても、無意識の内に使命を果たすことを望んでいます。けれど、覚醒が済んでいない状態では自分の抱えている願望が使命感から来るものなのか、単なるエゴなのか判別できずに思い悩んでしまうのです。

インディゴチルドレンの使命が地球変革の第一歩

スターシードには地球にやってくる順番によって3つの世代に分けられます。一番最初に地球へとやってくるのがインディゴチルドレン。その次にやってくるのがクリスタルチルドレン。最後に訪れるのがレインボーチルドレンです。この3つの世代はそれぞれ異なる役割を持っており、その役割がしっかりと果たされた時に人類のアセンションが可能になります。

その役割とは、『変化』、『安定』、『導き』の3つで、インディゴチルドレンはこの内の『変化』を地球にもたらすスターシードです。スターシードは人類よりも高い波動の魂を持っており、本来は地球のような波動の低い地では活動できません。

しかし、インディゴチルドレンが古い価値観を壊し、人類の意識に変化をもたらすことで地球の波動をスターシードが活動できるレベルにまで引き上げることができるのです。つまり、彼らの使命は地球変革への第一歩であり、彼らがいなければ人類のアセンションは絶対に不可能なのです。