インディゴチルドレンの使命を邪魔するもの

トップページ > インディゴチルドレンの使命 > インディゴチルドレンの使命を邪魔するもの

インディゴチルドレンの使命には障害が付きまとう

人間のアセンションをサポートするためにインディゴチルドレンは世界の至る所で活躍していますが、彼らの活動は一筋縄なものではありません。なぜならインディゴチルドレンの使命である『人間の意識を変える』ことの障害となるものがあるからです。

ホメオスタシスがインディゴチルドレンの邪魔をする?

インディゴチルドレンの障害となるもの…それは人間の心がもつホメオスタシス(恒常性)です。人間に限らずあらゆる動物は、進化の過程で本能的に変化を嫌うようになりました。なぜなら、生物にとって周囲の環境が変化することは絶滅にも繋がりかねない大きなリスクを伴うものだからです。

そしてホメオスタシスは、環境だけでなく人間の思考にも影響します。よく新しい人や物事を受け入れるのを嫌う人っていますよね?ああいった人はホメオスタシスの働きが普通の人よりも強く、インディゴチルドレンの使命にとってはこの上なく厄介な存在だと言えるでしょう。

ホメオスタシスは自分の価値観やその周囲の環境が変化するのを嫌うので、世の中に変化をもたらすとされているインディゴチルドレンのことを恐れ、遠ざけようとするのです。